TDAI Lab

NeurIPS2018にJSAIレポーターとして参加してきました(2018.12.14)

 2018.12.14

人工知能学会の トップカンファレンス派遣レポーターという制度で、カナダのモントリオールで開かれたNeurIPS2018へ弊社代表福馬が出席してきました。
Neural Information Processing Systems (NeurIPS) は機械学習の主要な国際会議の一つです。昨今の機械学習ブームを牽引する学会でもあり、2018年は数千人分のチケットが11分でsold outしたという衝撃的な状態でした。 投稿論文数も4856件(採択率20%)で2017年の3240本から50%程度増加しており、年々その熱量が増しています。

より社会への応用を目指した研究が多く見られ「Robustness (堅牢性)」「Generalizability (汎化可能性)」「Explainability (説明可能性)」
などがキーワードになっていました。

IMG_2115
Ian Goodfellow氏と

報告会につきまして詳細は以下となっております。ぜひ奮ってご参加ください。弊社福馬も登壇いたします。

「人工知能研究の最新の研究開発動向をいち早く皆様にお届けすべく、人工知能学会企画委員会は昨年、AIトップカンファレンス報告会を新たに開催しました。昨年はNeurIPS 2017に3名のレポータを派遣し、東京、大阪で報告会を開催し、大変に好評でした。
今年は、NeurIPS 2018 (Thirty-second Conference on Neural Information Processing Systems、2018年12月3~7日、モントリオール) に加え、AAAI 2019 (Thirty-third Conference on Artificial Intelligence、2019年1月27~2月1日、ハワイ) にもレポータを派遣しました。合計4名のレポータで両会議について最先端のAIトレンドをサーベイしてもらい、1日でAIトップカンファレンスの研究開発動向を把握できるようにすることが狙いです。
本セミナーには人工知能学会員であるかどうかにかかわらずご参加いただけます。どうぞ奮って参加お申し込みください。」

【参加募集】第76回人工知能セミナー ([大阪]2019.03.01[東京]2019.03.04)「AIトレンド・トップカンファレンス報告会:世界最先端のAI研究開発動向が1日でわかる!」